名古屋のインプラントはこうやる

インプラント治療を間接的に説明すると、その仕組みがとってもわかり易いかと思います。

まず虫歯などで歯がなくなってしまったり、先天的に歯がなかったりする人の歯茎に直接びすのようなものを刺します.名古屋で耳にした話をみなさんに伝えたいと思います。

歯茎の内部に穴を空けます。

そこに割と長めのビスのようなものを入れるのでレントゲンで観た場合、歯から歯茎まで細長い白い線が見えるようになるわけです。

肉眼では当然はぐきからは何も見えません。

手術をする際は強力な麻酔を使いますが、手術が終わったあとやや痛みを伴います。

このビスは義歯をつけるためのボッチのようなものです。

この上から要するに人工の歯を付けるわけですけれども、しっかりと骨にビスがささっているので非常に頑丈な上に、ブリッジと違って隣接する歯をやすりにかける必要が無いところが大きな強みなんじゃないでしょうか。

だから虫歯の再発も起こりにくいのです。

心配なのは植え込んだビスですが、今のところインプラント手術痕、大きな事故があったという報告はありません。

名古屋では大変評判のいい歯医者さんがこのインプラント治療を推奨しています。